FC2ブログ
C#でIEnumerableを便利に操作できるLINQについて
C#では、配列、リストなどのIEnumerableを実装したオブジェクトを便利に操作できるLINQが提供されています。

using System.Linq; を組み込むことで、以下の機能を持つメソッド(おそらく拡張メソッド)を使えるようにするものです。

  • OrderBy, ThenByなどのソート関係
  • Skip,Takeなどの要素抽出
  • Select,Whereなどの条件指定要素抽出
  • Min,Max抽出などの集計

 要素抽出やソート後の戻り値はIEnumerableなので、例えば元のリストなどに場合はToList()でListに戻す必要があります。

 使い方については、Qiitaに掲載された記事「はじめてのLINQ」にまとまっていました。そちらを参照してください。
 将来的にこれらの内容は、にてまとめ記事を作りたいと思っていますが、まずは、これはと思ったものを備忘録として記録することにしました。

【C#】

テーマ:ひとりごと - ジャンル:アフィリエイト

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 koblogx さんのブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.