FC2ブログ
Win10のChrome拡張機能にAuthenticatorを登録
 Amazonのサイトログインには2段階認証をSMS優先(バックアップ:アプリ認証)で設定していました。久しぶりに携帯からプロファイル情報を確認しようとしたところ、SMSに認証コードを送ったと画面表示されるものの、何回か再送してもメッセージは届かず。

 携帯の問題かと思い、家の信頼デバイス登録済ののPCで試してみると当日のSMS送信回数上限を超えたということ。SMSの送信確認もできず、登録情報が間違っているのかと思い携帯の登録情報を消したら、一時的に再登録もできない状況に陥りました。

 携帯番号が消え、2段階認証がGoogle Authenticatorのアプリ認証のみになったことで、アプリ認証によるログインはできるようになりました。ただ、携帯が壊れた時にコード取得ができなくなるのが嫌なので、PCでもコードを取得できないか探したところ、Chromeの拡張機能にAuthenticatorがあることがわかり、それを導入しました。

 使い方は単純。Chrome拡張機能として登録。認証コード取得用QRが表示された画面で、Authenticatorの拡張機能を起動。QRの選択を行うと、それを認識してサイト用の情報登録してくれます。

 スマホ・PCのどちらでもコードが取得できるようになり、アプリ認証だけでも安心感が持てるようになりました。
【補足情報】
 2段階認証コード取得はスマホを前提としているためか、認証元から提供されるものはスマホアプリしかないようです(Google、AWS、Microsoft)。これらの認証にも対応したWinAuthというPC用のアプリもあるようなのですが、2017年から更新がないようなので今回はこちらを選択しました。更新がないのは必要がないからなのかもしれないですが・・・・

 あと、後日携帯番号の再登録にチャレンジしたところ、無事にSMS受信ができて再登録もちゃんとできました。操作時のSMS受信について、どこか調子の悪い部分があったようです。今は、SMSによる認証をバックアップ側として設定し、利用しています。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:アフィリエイト

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 koblogx さんのブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.