fc2ブログ
アフィリエイトの取りこぼしを少なくするバリューコマースのMyLinkBoxを使ってみた
 「カエレバ」のようなアフィリエイトの取りこぼしを少なくするための機能をバリューコマースがMyLinkBoxとして提供を始めました。
 商品検索の設定や固定リンクの設定が細かくできる、ショッピング・グルメ・旅行など対応カテゴリも多い、レスポンシブ広告に対応しているなど、使い勝手がかなりよさそうです。また、LinkSwitchの機能をベースに使っているようで、広告主との契約がなくなってもリンク切れしないようになっている(と現時点では謳われている)こともうれしいです。

 少し残念かもと思うのは、バリューコマース上で提携申請できることになってる広告主の商材について、提携承認されるまでは表示対象に設定されないことです。単純にページリンクだけでなく先頭サイトは画像のリンクも設置できる仕様なので取り扱い上の問題が難しいのかもしれませんが、提携が承認されたら通常リンクが広告リンクになるような形になると使い勝手がもっと上がるような気がしました。

 参考まで、大好きなアニメ「色づく世界の明日から」の広告を作ってみたら下のようになりました。このブログのPC用スタイルだと枠内に収まりきらないのが残念。スマホと同じスタイルが設定できると完璧かなと思っています。

【バリューコマース活用】

テーマ:ブログでアフィリエイト - ジャンル:アフィリエイト

Linkスイッチを活用したカエレバ風のブログパーツ出力スクリプト
カエレバで提供されている複数のショッピングサイトを統合したアフィリエイトリンクの作成サービスですが、思うところがあって自分なりのパーツ出力用スクリプトを作ってみました。

理由は以下です。
バリューコマースのLinkSwitchを使用して、アフィリエイトリンクを生成させたかった事(おそらくバリューコマースの仕様が変わってもLinkSwitch側で対応してもらえそうだし、LinkSwitchがなくなっても普通のリンクは残り続けるので)。amazon、Yahooショッピングはこれで対応できる。
楽天市場のリンクはベタ打ちになってしまうけど、amazon、Yahooショッピングはスクリプトにまとめてあるので、検索の仕様が変わっても修正箇所を少なくできる。
スタイルを完全に自分好みにしたかった。

下記が実際に作成したものと表示結果です。
カエレバを使うよりもパーツ作成に手間はかかりますが、自分好みにできるので頑張って使っていきたいと思っています。

■ ソース
function multiShoppingSiteLink(var_title, var_keyword, var_img_link, var_rakuten_linkurl){
var var_enc_keyword=encodeURIComponent(var_keyword);
document.write('<table border="1" style="width:80%;">');
document.write('<tr><td colspan="2" style="text-align:left; padding:5px">【' + var_title + '】</a></td></tr>');
document.write('<tr>');
document.write('<td valign="top" style="width:5%; padding:6px">' + var_img_link + '</td>');
document.write('<td valign="top" style="text-align:left; padding:10px;">');
document.write('<div class="shoplinkamazon" style="margin-left:10px"><a href="https://www.amazon.co.jp/s?k=' + var_enc_keyword + '&ref=nb_sb_noss" target="_blank" > Amazonで探す</a></div>');
document.write('<div class="shoplinkyahoo" style="margin-left:10px"><a href="https://shopping.yahoo.co.jp/search?p=' + var_enc_keyword + '&b=1&page=1" target="_blank" > Yahooショッピングで探す</a></div>');
document.write('<div class="shoplinkrakuten" style="margin-left:10px">' + var_rakuten_linkurl + '</div>');
document.write('</td>');
document.write('</tr>');
document.write('</table>');
}
■ 使い方
<script>multiShoppingSiteLink('タイトル', '検索キーワード','楽天画像リンク', '楽天検索リンク');</script>
・タイトル
 表に記載されるタイトル
・検索キーワード
 各サイトで商品を検索に使用するキーワード
・楽天画像リンク
 画像を入れるために楽天アフィリエイトで取得する
 URL(画像のみで128x128程度での作成を推奨)
・検索キーワード
 楽天アフィリエイトで作成し、キーワード検索での
 検索結果を取得するためのURL
 リンクのテキストは「 楽天市場で探にする」にする
 
※ FC2ブログで使用する場合はスクリプトを必ず1行で書き、
  改行コードを挟まないこと!

■ 出力例

【バリューコマース活用】
【JavaScript】

テーマ:ブログでアフィリエイト - ジャンル:アフィリエイト

カエレバを使用した広告アイテムの提示
 カエレバを使用した複数サイトでの広告掲載について、実際にチャレンジしてみました。
 amazonについて、amazonアソシエイトのトラッキングIDを使用することを考えましたが、審査でNGになってしまったので、バリューコマースのIDで運用することにしました(3か月くらい前にサイトの売り上げがなくトラッキングIDが無効になったのも原因かもしれません)。

 いったん、お気に入りとなっているUSB扇風機の掲示をしてみたいと思います。



 この掲載にするために使用したスタイルシートが下記です。幅の指定と枠線の指定をした形になります。
=======
div.cstmreba {
border:1px dotted #000000;
width: 80%;
}
=======

【バリューコマース活用】

テーマ:ブログでアフィリエイト - ジャンル:アフィリエイト

「カエレバ」の利用とバリューコマースとの連携
 商品の紹介に当たってはamazon、楽天、Yahooなど大手のショッピングサイトのページをアフィリエイトとして使用することになりますが、そのリンクを効果的に作成してくれるサイトとして「カエレバ」があることを知りました。
 単純に言うと、提携しているアフィリエイトの情報を入力して、紹介したい商品を検索するための条件を設定すると、指定の複数のサイトで対象商品を検索するためのアフィリエイトリンクを作成してくれるものです。

 amazonアソシエイトは一定期間売り上げがないとトラッキングIDが失効してしまうので、バリューコマースのSID/PIDにするか迷いましたが、トラッキングIDは失効しても(アフィリエイトとしては役に立たないが)リンク切れにはならないようなので、amazonアソシエイトのトラッキングIDを使うことにしました。(バリューコマースのプログラムが何等かの理由で失効すると完全にリンク切れになるはずなので)。
 同様に楽天についても、楽天アフィリエイト用のIDを用いることにしました。
 バリューコマースがカエレバで生成したパーツにLinkSwitchの機能と合わせてYahooのリンクを自動追加する機能をリリースしたため、Yahooについては、この機能でリンクを生成するととしています。

 まずは使い方だけ決めてみましたが、本当にうまくいくか、後日実際に試していきたいと思います。

【バリューコマース活用】

テーマ:ネットビジネス&アフィリエイト情報 - ジャンル:アフィリエイト

バリューコマースLinkSwitch利用時の注意点
 姉妹サイト「」で使用しているホームページサービスにはSSIなどのテンプレート機能はなく、テンプレートとなるHTMLをコピーして見栄えの統一を図る必要があります。
 ページトップの広告出力やサイドバーの広告出力、フッタの表示などは、追加修正があっても1か所修正すれば良いようにJavaScriptを使用し、各ページではそのスクリプトをコールする形としていました。併せてLinkSwitchを使用し、各ページに記載した例えば食べログなどのサイトへのリンクは自動的に広告に変換されるようにしています。

 ところが・・・・・ある日ページの動作を確認していると、LinkSwitchの変換がすべてエラーになってしまっていました(404 Not Foundになってしまいます)。
 原因特定に時間がかかりましたが、サイドメニュー部分にJavaScriptで出力しているバリューコマースの広告を外すと問題が解消することが判明。LinkSwitchを使いたいページにはJavaScriptでバリューコマースの広告を含めないよう変更を行いました。

 このブログサイトにはテンプレート機能があり、プラグインに直接URLを書いているため、バリューコマースの広告とLinkSwitchが共存できています。JavaScript経由で広告を出力するのと相性が悪いようです。次回からは同じミスを起こさないようLinkSwitchの動きには気を遣う必要があると思いました。。。。。



【バリューコマース活用】


テーマ:ネットビジネス&アフィリエイト情報 - ジャンル:アフィリエイト

copyright © 2022 koblogx さんのブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.