fc2ブログ
Chromium OS意外に使える
 7月にAmazon Primeで購入したDellのノートパソコンが故障してしまいました。最初の1ヶ月をのりきったので、もう大丈夫かなと思っていたのでショックです。サポートセンターはLine経由ではありましたが対応もよく、開始から数時間で修理判断、翌日夜には引取業者が家に来てくれました。性能的には満足していたので、ちゃんと直って安定して動く形で返ってきて欲しいと思っています。

 工場修理の間使う環境として5年以上前に購入しChromium OS化したノートPCを使ってみることに。ブラウザの環境はGoogleアカウントで同期、メールもOutlook.comなので問題なし。PC用LineもChrome拡張機能でトークの操作などに限られますがギリ使えます。ネットワークプリンタ兼スキャナの複合機も基本操作項目は使えました。

 どうしてもWindowsの実行プログラムが必要になる場合はあるので、Windowsの予備機は必要と思いますが、長い期間停止していると更新プログラムの適用にかかる時間や負荷がうざいので予備機にはChromiumを使用するのもありかと思いました。

Acer Swift 1 (SF-113-31)のケースを開けてみました
 PCを新しいものに変えたので、今まで使用していたAcerのPCで出ているシステムダウン現象にバッテリーが関係していないか確認することに。


 確認事項は、バッテリーがなくても起動するののか?とバッテリーを外したらシステムダウンしなくなるのか?の確認です。

 まずは、裏蓋についている8本のねじを外し、ディスプレイの側から蓋を抉るように外していきます。ねじは星形のようですが、1.4mmのマイナスドライバで回りました。
 これをやると、メーカー保証はなくなるし、失敗するとPCが壊れることもあるので、やるとしても自己責任でお願いします。
 また、裏蓋はかっちりはまっているので開けるのは結構大変。私は開けるときに蓋裏のバリで指先を2か所切ったので、怪我にも注意が必要です。


 蓋を開けると空いた側にバッテリーがついているので、コネクタを外しました。交換するつもりはないので、今回はコネクタを外すだけにします。